遠き海原~世界都市「江戸」誕生の物語

¥ 1,620 (税込・送料別)

銀行振込で購入(フォームで注文)
クレジット・コンビニ・Pay-easyで購入(外部サイト)
Amazonで購入(外部サイト)
※銀行振込フォームは、お客様の混雑状況によって表示まで10秒程お時間を頂戴する場合がございますので、表示されるのが遅い場合はしばらくお待ち下さい。

すべてのご購入は、事前入金を確認後に発送させて頂きます。
コンビニ・Pay-easy・銀行振込でのご注文はご注文後に届く確認メール記載の内容をご確認の上、ご入金手続きに進んでください。
Pay-easyの利用可能金融機関はこちらです。あらかじめご了承ください。

内容紹介

「自由で大胆な発想に脱帽」

歴史通の松平定知氏(元NHKアナウンサー)がうなった!
日本橋老舗当主が400年の歴史を描く
知られざる世界都市「江戸」誕生物語!

日本橋で創業425年の歴史を誇る扇子とうちわの老舗「伊場仙」。
14代当主・吉田誠男氏が、江戸の開拓に携わった初代・伊場屋勘左衛門を主人公に書き上げた長編小説が刊行されます。「江戸は徳川と三河の人々、数人の紅毛人によって拓かれた」という口伝をもとに、虚実をない交ぜた物語が展開。その自由かつ大胆な発想に引き込まれ、松平氏も「ストーリー展開に目を見はった」と絶賛した、歴史ファン、江戸ファン待望の一冊です。

【目次】

プロローグ 幻影
第一章 漂流者たち
第二章 開拓者たち
第三章 旅立ち
第四章 江戸の商い
第五章 沸騰する江戸の町
第六章 覇権の時代

あとがきに代えて(吉田誠男)
後世に残る歴史物語、その自由で、大胆な発想に脱帽(松平定知)

【著者プロフィール】

吉田誠男  Nobuo Yoshida
昭和23年8月15日、株式会社伊場仙13代目社長吉田源太郎の次男として、東京都中央区日本橋小舟町に生まれる。昭和46年に早稲田大学卒業後、ミノルタカメラ(現・コニカミノ
ルタ株式会社)にエンジニアとして就職、昭和51年に株式会社伊場仙に入社、昭和56年同社代表取締役に就任。以後、社業の発展に寄与しながら日本橋の街づくりに参加。現在は東京・日本橋とロンドン・メイフェアの地域連携プロジェクトにも参画している。趣味は登山。学生時代に山岳部に属し、ヒマラヤ遠征の経験もある。
http://www.ibasen.co.jp

在庫切れ

商品コード: 978-4-908609-07-7 商品カテゴリー:

説明

単行本: 246ページ
出版社: 株式会社サンダーアールラボ
言語: 日本語
ISBN: 978-4-908609-07-7
発売日: 2017/04/14
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.0 cm
仕様: ハードカバー(上製本)